七五三は家族でお祝い 着物で特別な日に七五三は家族でお祝い 着物で特別な日に

ムービーを再生する

RENCAの安心、3つのポイント! RENCAの安心、3つのポイント!

  • Point 01 日本最大級の取り揃え!

    新作ブランドから定番品まで、
    幅広い商品を多数ご用意。
    七五三衣装のお取り扱いは日本最大級!

  • Point 02 往復送料0円!

    ※北海道、沖縄、離島は除く。

  • Point 03 修理代無料のあんしんパックでケアも万全!

    汚れやほつれを気にせず、
    思い出の1日を過ごしていただけます。
    ※有料サービスとなります。

七五三コラム 七五三コラム

七五三とは

7歳、5歳、3歳の子どもの成長と健康を祝い、神社・仏閣へ詣で、感謝・祈願を行う行事。由来は諸説ありますが、江戸幕府五代将軍綱吉が、自身の子どもの健康を祝い行ったのが始まりとされています。
元々関東圏で発生した地方の行事でしたが、次第に広がり、現在では広く全国でお祝いするようになった経緯もあり、地方によってお祝いする時期や年齢に特色があります。
婚礼以外は何の祝い事にも吉とされる二十八宿の鬼宿日であり、秋の実りを感謝する十五夜(満月)である11月15日に祝うことが一般的となったとされています。

なぜ七五三?

昔は小さいこどもの死亡率が高かったため、無事の成長への感謝を、赤ちゃんから幼児、少年・少女、と、節目ごとにお祝いしました。

元々は、
三歳は男女ともに髪を伸ばし始める「髪置の儀」
五歳の男児は、正装である袴を穿き始める「袴着の儀」
七歳の女児は、着物の帯を装い始める「帯解の儀」
という、それぞれ成長の節目となる儀式があり、それをまとめて「七五三」と呼ぶようになったといわれています。
※地方によって異なります。

こちらでも詳しく紹介しています。

役に立つ豆知識コーナー

三歳

男の子は「着物に羽織袴」・女の子は「四つ身仕立ての着物に帯」が伝統的な組み合わせ。
「被布スタイル」なら、男の子は袴なし・女の子は帯なしで、 着物を着慣れていない小さなお子様にもオススメです。

五歳

「着物に羽織袴」が伝統的なスタイル。
古典柄からモダン柄まで豊富にそろうので好みのものがきっと見つかります!
最近は、個性的な柄の羽織袴も多く、 武士の正装として着用された「裃(かみしも)」スタイルも取り揃えています。

七歳

「帯つけの四つ身」でお祝いします。
基本的に結び帯(最初から形作ってある帯 ※つくり帯ともいう)が手間がかからず便利ですが、昔ながらの袋帯(大人と同じ様に帯をしめるタイプ)も根強く人気です。7歳用は種類も豊富でいろいろな着物や帯を選んでいただけます。

親御様レンタル

お母様の正装は訪問着ですが、付け下げや、色無地、小紋などでも。お子様の着物とのバランスが大切です。お子様より格調高くならなければ○。
お父様は、羽織+袴が正式ですが、参拝やお出かけを和装で楽しむなら、羽織+着物のアンサンブルスタイルもオススメ!

七五三翌日お届け便七五三翌日お届け便